マリーと七色の部屋 終演!

少し時間がたちましたが、ミュージカル「マリーと七色の部屋」、無事に終演致しました。みなさま、ありがとうございました。ある時から、とても盛り上がって、僕がSNSで発信する必要がなくなっていましたが、まずは終演のご挨拶です。

色彩をテーマにして、「美しさ」を追い求めたこの作品、スコア(楽譜)がしっかりしていれば、何とかなる…、というわけではなく、生演奏なら感動を与えられる、というわけでもなく、すべての要素が、しっかり機能してこそのミュージカルだと改めて思いました。すなわち、良い台本と良いスコアには名優と名演奏家が必要なのです。そして、それらが揃って、演出家や指揮者、振付家をはじめ、あらゆる才能たちが、初めて力を発揮することになります。

舞台芸術の歯車は、僕の中で今回り始めたところです。

今回出会ったたくさんの仲間とともに、高度な音楽もたくさんの稽古でクリアし、内的宇宙へ旅する台本の深い部分にも迫りました。そして、この生まれたばかりの、ある意味未熟な舞台であっても、その熱い核心を感じて、理解して、精一杯愛して下さるお客様がいることも知りました。お客様も、人気者が出ていて、わかりやすく泣ける舞台だけを求めている訳ではなかったのです。

もう必要なものは揃っています。後は少しばかりのお金でしょうか。

今後のミュージカルの旅のために、まだ少し残る仕事と新たな作品に取り組みながら、これからこちらのページで少し「マリー」を振り返っていきたいと思っています。ありがとうございました。

キャスト・スタッフの写真と楽譜一枚。「ずっとこの時を夢に見てた 分かち合える 初めて 美しい世界がここに」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です